​記事:1の2

あと3ヶ月ですよ。

あなたの子どもは大丈夫? 

2020年春から公立小学校英語教育が変わる

公立小学校の英語教育が本格的に始まるまで、あと3ヶ月だ。
いま公立小学校では、5年生と6年生が「外国語活動」として英語を学んでいる。外国語活動は、音声を中心に外国語に慣れ親しむことを目的とされ、「聞く」と「話す」をメインに、デジタル教科書や副読本を使ったり、ゲームや歌、英語ネイティブな先生との対話などが行われている。

来年4月から小学校では、この外国語活動が3年生と4年生に前倒しされ、5年生と6年生は新たに「教科」として、英語の授業が行われる。

果たして新しい英語の授業はどんな授業となるのか?
保護者にとって不安や心配がつきないポイントを取材、わかりやすく説明する

担任の先生で大丈夫?

小学校の教員免許を取るのに英語の試験は無い。だから「先生たちの英語は大丈夫なのか」と不安な保護者も多い。

そこで頼りになる助っ人的な存在が、英語ネイティブなALT(アシスタント・ランゲージ・ティーチャー)だ。いま小学校の外国語活動では、担任の教員とALTが

チームになって、授業を行うケースが増えている。
 

これについて、東京都八王子市立浅川小学校の清水弘美校長はこう言う。


「担任は大学を卒業しているから『少しは英語できますよ』という感じですが、一人の時はちょっとどきどきしながら話すんですよ。ピアノを弾けない音楽の先生みたいな感じですかね」

授業時間は増える?

3-4年生は1年間に35時間(毎週1時間に相当)、5-6年生は1年間に70時間

(毎週2時間)の授業が行われる。英語の授業が増えても、ほかの授業が減るわけではないので、当然授業量はトータルで増えることになる。

「どの学校も一番大変なのが、時数の確保です。週に2コマ多く入れるのに、一日5時間の授業を6時間に、6時間を7時間にしてキュウキュウの状態にしたり、夏休みを削ったり、土曜日に授業をして振替なしでやるとかしないと対応できません」
(清水校長)


英語が教科になるため、英会話に通う子どもも増えており、子どもは益々忙しくなりそうだ。

記事:2の2はこちら >> 

こども英会話スペシャリスト

のWalter-Senseiによる

体験レッスン受付中

​お気軽にお問い合わせください

平日16:00-21:00 / 土日9:00-20:00

受付時間:

お電話でのご予約も可能です

​記事:2の2

あと3ヶ月ですよ。

あなたの子どもは大丈夫? 

2020年春から公立小学校英語教育が変わる

教科書はどう変わるの?

いま外国語活動では、デジタル教材と補助教材「Hi, friends!」が使われている。

来年度からの教科書は、「Hi, friends!」に準じたものになるが、教科書会社は採択の際に『ここが足りない』と言われるのを嫌がって、どうしても教える量を増やしがち」(文科省関係者)だ。

つまり子どもたちは、いま使っている補助教材より、分厚い教科書を使うことになりそうだ。

デジタル教材(DVDなど)についても、課題を指摘する声がある。

「子どもの興味や関心に応じて、話を広げるとか話題を楽しむとかできないわけですね。たとえば、『あなたはどんなスポーツが好きですか?』といった題材があったときに、生の人間だったら、柔道を習っている子に『柔道が好きですか?』とか言えるじゃないですか。子どもの実情に合わせて、興味や関心をもっと引き出せるように、授業を構成できるといいのですが、デジタル教材だと難しいですね」(清水校長)

成績はどうやってつく?

5-6年生の「外国語活動」が教科になると、当然成績評価も行われる。では、成績はどうやってつけるのか?清水校長に聞くと、

「ALTがいる日にヒヤリングのテストをして、3つぐらいの質問に答える感じで評価します。だから学校の成績はあまり英語能力の評価にならないので、英検の何級を持っているかとかが評価になっていくでしょうね」との答えだった。

来年度から大学入試には英検など英語の民間試験が導入されるが、今後ますます民間試験の成績が重視される可能性がありそうだ。

中学受験への影響は?

最後に、私立中学校への進学を目指している保護者が最も気になるのが、中学受験への影響だ。英語が教科になることで、私立中学校の入試科目になる可能性はあるのか?

中学受験塾の大手、日能研関東の小嶋隆社長はこう言う。

「さまざまな学校で話を聞くと、関心が高いのは事実ですが、まだ標準化されてない中、『公平性が求められる入試でやるのはいかがなものか』という反応でした。上位校と言われる麻布、開成、武蔵とか桜蔭や女子学院、雙葉などは、まだ入試科目に入れないようですね。上位校で唯一英語入試をやっているのは、SFC(慶應義塾湘南藤沢中等部)ですが、SFCはもともと帰国子女が多いからで、同じ慶應でも普通部や中等部はやらないでしょう」

小嶋氏によると、「教科になったからといって、急に入試科目になることはないと思います。入試科目として出揃うのは10年程度かかるのではないでしょうか」ということだ。

一方、東京インターナショナルスクールの坪谷・ニュウエル・郁子理事長によると、「とにかく英語ができればという学校が増えています。中高一貫校からこちらに相談にみえるところもよくありますね。今後、入試科目に英語を入れる中学校は、増えていくのではないでしょうか」ということもあり、受験生と保護者は安心していられないようだ。

保護者と生徒の皆さまから

嬉しいお言葉を頂きました

​保護者の声

中3の母  | 春江町

娘が中1の春休みからお世話になっています。ウォルター先生の優しい指導と励ましが自信となり、レッスンは楽しみのようです。先生が時よりに話してくれる海外の情報やものに触れることも興味深い様子です。高校入試に英検加点があるので目標としていた3級に合格した時は、ウォルター先生の喜びように驚きました。熱心にご指導いただき感謝しています!

生徒の声

小学3年生・Sちゃん  | 清水町

最初はとてもきんちょうしたけど、どんどん楽しくなってきました。本読みの時もきんちょうしたけれど、だんだん声が大きな声になってきているのでうれしいです。1ヶ月に一度、スペリングテストがあって最初の「レベルA」の時は自信をもてなかったけど、「レベルA・B・C」れんぞくで合格したのでうれしかったです。

生徒の声

小学4年生・Mちゃん  | 春江町

歌で英語をおぼえたりするのでとても分かりやすいし、楽しいし、英語の

イベント(ハロウィンイベントなど)があるのでとても面白いです!

体験レッスンのお申し込み・お問い合わせ

平日 16:00~21:00 / 土日9:00〜20:00

Spyglass Kids English www.spyglassenglish.com

こども専門英会話スクール

Spyglass Kids Englishの特徴は?

  • ネイティブ先生(アメリカ)

  • 15年以上の実績

  • ​子供英語教育の専門家

  • ​多種なイベント

  • ​1クラス6人までの少人数割

  • 話す、聞く、読む、書く 全てを指導

  • ​発達段階に合ったカリキュラムを将用

  • ​身についた力をためせる機会が沢山

体験レッスンのお申し込み・お問い合わせ

平日 16:00~21:00 / 土日9:00〜20:00

2019 Copyright © Spyglass English JAPAN

All Rights Reserved

SPYGLASS 公式アカウント

  • Spyglass Kids English Facebook Page
  • Spyglass Kids English Instagram